2006年03月02日

前場終了

本日の東京市場前場の日経平均株価は48円高の16,013円で引けました。
一時140円高の16,103円までありましたが、
前引けにかけて上げ幅を縮小しました。

消費者物価指数の発表が明日予定されているため、
動きが鈍くなっているようです。

どうやら後場も上値の重い展開になりそうです。

他の株式ブログはこちら




posted by マツ at 12:51| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

前場終了

3月入りした1日前場の東京株式市場では広範囲に売られた。
平均株価は前日比234円62銭安の1万5970円81銭と
5営業日ぶりに急反落し、取引時間中ではきのう同様に1万6000円を割り込んだ。

平均株価は一時1万5910円65銭まで下押す場面があった。
米国株安に加え、シカゴ225先物の大幅下落を受け、売り圧力が継続した。
外国人投資家の姿勢後退や、円高・ドル安基調にあることも市場心理の後退要因になった。

3日に発表される1月の全国消費者物価指数を見極めたいとの空気も
買い見送りにつながった。

3月期末の決算対策売りと見られ、季節的要因の側面が強い。
先週月曜日からの自律反発に対する調整であり、
テクニカル的には転換線や、一目均衡表の雲の上限となる
1万5800円前後が下値メド、ファンダメンタルズは良好であり、
次のステップに向けた値固め局面とのことだが。

後場はいかに。

posted by マツ at 12:08| Comment(0) | TrackBack(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。